RSS | ATOM | SEARCH
実印に最高の象牙加工場に潜入?.5
JUGEMテーマ:印鑑
JUGEMテーマ:象牙
 
  熊本県熊本市菊池市合志市菊陽町大津町益城町
西原御船町近隣の
実印銀行印ゴム印名刺・ハガキ印刷
年賀状・喪中印刷の 

はんこ屋(印鑑・印刷専門店)

    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
      あなたの名前をデザインする
     HANKO   クリエーター 和光スタンプ
    ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

     ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
      ”印鑑セール期間中につき”
      2月・3月・4月中旬まで
        休まず営業いたします
     ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



加工場の見学が終って、こちらは社長室?または会長室に

案内していただきました。

この部屋にあるのは、すべて非売品です。

今では手に入ることの無い、大変貴重なものばかりです。

一角鯨の牙?角?だそうです。漫画やアニメの世界では聴いたことがありましたが

一角鯨??知りませんでした。


一角鯨の写真はこちら

タカイチ


すごく長く、180センチ〜200センチ近くありそうです。

全体に白く、表面はざらざらしていて繊維のようでした。

こんな鯨がいることは、全然知りませんでした。


タカイチ


アフリカの地図がありました。数十回の行かれているみたいです。

主にアフリカ大陸の南半分に、象は生息しているそうです。

広いですね、日本の何十倍あるのでしょう?


タカイチ


これは象牙の工芸品です。とても精巧に作られています。

国内では、こんな精巧な象牙の加工はできないそうです。

タカイチ


磨き上げられた、大きな象牙です。これも180センチくらいありました。


タカイチ


奥の写真は、アフリカに行かれたときの、政府要人との写真でした。


タカイチ


明治初期にもこんな精密な象牙の置物を作っていたのには、

ビックリさせられます。

タカイチ



以上で、象牙の加工場の見学は終わりです。

タカイチの会長・社長様、担当の坂口主任、大変お忙しいところ

工場の見学をさせていただき、ありがとうございました。



螢織イチのホームページはこちらへ


これから少し時間があるので、道頓堀に行ってみようと思います。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

― 印鑑の和光スタンプ ―
小さなお店でありますが、お客様の
喜び一杯詰まったお店にしたいです。
実印・銀行印・印鑑のことならお任せください。

〒861-8035 熊本県熊本市御領2丁目2−22
           店主  多田 雅広
TEL096-389-6006 FAX096-389-6222
業界の裏事情・印鑑の豆知識が満載です!!
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

熊本市 和光スタンプのホームページはこちらから

     店舗  店内
author:多田雅廣, category:象牙の実印, 16:05
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。